奈良県

特別展「みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美」

皇室行事など折々に注目される束帯や五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも=いわゆる十二単)などの装い。これらの公家装束は奈良時代の朝服に由来し平安時代に成立して以来、公家の装いとして受け継がれてきた。
本展では、同館が所蔵する吉川観方コレクションを中心に、公家の装束と小袖を展覧し、そこに展開された「みやび」の世界と、日本の美意識を展観する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る