東京都

月岡芳年 血と妖艶

月岡芳年(1839~92)は、幕末から明治時代前半にかけて活躍した浮世絵師。当時も大変な人気を誇っていたが、その迫力あふれる構図や鋭い筆遣いは、現在の私たちが見ても決して色あせていない。本展覧会では、「血」「妖艶」「闇」という3つの妖しいキーワードから、月岡芳年の魅力を掘り下げる。展示点数は約150点。前期と後期に分け、全点展示替えを行う。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

ヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW-光の破片をつかまえる」

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催する現代アートの国際展として2001年にスタートし、まもなく20年の節目を迎える。本展は国際的に活躍するアーティストの作品から新進のアーティストまで、広く国内外の最新の動向を紹介し、横

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る