静岡県

日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン―200年の肖像(静岡展)

ポーランド出身の作曲家フリデリク・ショパン(1810-1849)。優美で繊細な曲調のピアノ曲を多く作曲したことから「ピアノの詩人」とも呼ばれ、そのメロディは、日本をはじめ今も世界中で愛されている。日本・ポーランド国交樹立100周年(1919-2019)を記念して開催される本展では、ワルシャワの国立フリデリク・ショパン研究所の全面協力のもと、彼の音楽だけでなく、生前に制作されたショパンの肖像や、19世紀にワルシャワやパリで制作された絵画、現代の芸術家たちがショパンにインスピレーションを受けて制作した作品、そして日本におけるショパン受容を示す資料など国内外からの出品作約250点で、ショパンの人となりと彼の生きた時代を多角的に紹介する。とくに、ショパンの自筆譜や手紙はポーランド国外では見る機会の少ない貴重なもので、日本初公開も含まれている。
なお、本展は「2020しずおか文化プロジェクト」の一環として、静岡音楽館AOI、静岡科学館る・く・るおよび市内生涯学習センターと連携し、ショパンをめぐる様々なプログラムを開催する予定。

開催概要

直前の記事

高砂淳二 写真展 Dear Earth

海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行い、「ナイトレインボー」を世界で初めて写真集としてまとめた自然写真家、高砂淳二。 ハワイ先住民の智慧を学び

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る