北海道

没後20年 毛綱毅曠の建築脳

毛綱毅曠(もづなきこう、1941~2001)は釧路生まれの建築家。「記憶」をキーワードに、時に奇想とも思える個性的な建築を残し、ポスト・モダンの旗手としてめざましい活躍を見せた。没後20年を前に、スケールの大きなそのイメージ世界と活動の軌跡を振り返る。

開催概要

直前の記事

大江戸歳事記

現代の私たちは、毎年決まった時期に行われる様々なイベントを通して、1年の生活のリズムを感じとっているが、北斎が生きた江戸時代の人々も同様に年を重ねていた。本展では、そのような年中行事に焦点を当て、北斎や門人たちが描いた当

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る