京都府

京都国立近代美術館所蔵作品にみる  京(みやこ)のくらし――二十四節気を愉しむ

日本では、くらしを彩る芸術の中に巧みに自然を取り入れてきた。とくに京都は、くらしと自然、芸術が密接な関係を築いてきた街として、今も人々を魅了している。
季節の移ろいを把握する目安として、日本では二十四節気という季節の区分が用いられてきた。本展では、この二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、同館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介する。本展を一巡することで、一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、自然・社会環境が激変する現代生活を改めて考えるきっかけとしてほしい。

開催概要

直前の記事

長谷川町子生誕百年記念展 収蔵コレクション展「長谷川町子が愛したものたち」I

長谷川町子生誕百年の今年、長谷川町子美術館は開館35年を迎える。長谷川姉妹が好きで集めた美術品・工芸品を展示する目的で建てられた美術館。町子亡き後も姉の毬子によって蒐集は続けられ8年前に姉・毬子が亡くなったことで、コレク

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る