和歌山県

文人画コレクション展 松・竹・梅・蘭・菊

古来より日本絵画では、植物や鳥をはじめとする小動物、虫などを描いた「花鳥画」が盛んに描かれてきたが、中でも文人画は、儒教思想を背景にしていることから、描かれる花や草木そのものに特定の意味を持たせていることが多く、『芥子園画伝』や『八種画譜』などの画手本を参考に多くの画家が動植物を画題に作品をのこしている。田辺市立美術館展示室1・2では、同館の文人画コレクションの中から、これら花鳥表現に注目した作品を展示し、文人画独特の動植物の描き方と絵に込められた気持ちを感じとっていただきたい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る