北海道

近美コレクション 山川草木 美は自然に宿る

美術の世界では、東西を問わず、古くから自然の事物を描写し、あるいは自然の諸相を主題として造形し、さまざまな表現が生み出されてきた。時代や地域によって表現は異なるが、そこには作家それぞれの自然観や美意識が現れており、それらを鑑賞することで、表現者の自然に対する考え方やまなざしを読み解くことができる。とりわけ私たち日本人は、自然を畏れ、信仰の対象として崇拝することにとどまらず、自然に備わっているかたちや、あらゆる現象といったもののなかに風情を感じ、美しさを見い出してきた。自然を支配しようとするのではなく、共存していくものとして、よく観察し、親和性を育んできた豊かな日本人の感性は、美術の世界にも反映されて、多くの優品が生み出されてきた。
本展では、山川草木といった自然を描いた作品を通して、過去から現在、そして未来にわたり自然と人との関わりを探る。自然がいかに美術の世界、ひいてはわたしたちの生活にいかに大きな影響を与えているか、あらためて実感できる機会となるだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る