高知県

浦上コレクション 北斎漫画

「画狂人」と自称した江戸の浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい、1760-1849)の生涯はまさに創作の連続であった。狩野派や唐絵など伝統的な絵画を学ぶ一方、西洋絵画からも刺激を受けて自らの芸術の糧とし吸収し、市販品である錦絵では役者絵、美人画を手掛け、花鳥画や「富嶽三十六景」に代表される名所絵など新たなジャンルを開拓した。また、一点物の肉筆画や、一部の好事家向けの摺物などにも優れた作品を残し、曲亭馬琴らの読み本の挿絵、数多くの門人のために描いた絵手本も充実している。
森羅万象を描いたと言われる北斎の画業の中でも『北斎漫画』の存在は特に際立っている。『北斎漫画』は1814(文化11)年、名古屋の版元永楽屋東四郎(東壁堂)から出版され、高い人気に支えられながら1878(明治11)年までの長きにわたり全15編が刊行された。活き活きとした人物表現、ユーモアに満ちた内容、独自の視点に基づいた構図など『北斎漫画』の魅力は当時のヨーロッパにも伝わり、彼の地のジャポニスム・ブームの誘因のひとつとなった。
本展では、世界一の質と量を誇ると評価される『北斎漫画』コレクター・浦上満氏のコレクションより、現代の絵画に通じる『北斎漫画』の魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る