NEW 鹿児島県

キスリング展~エコール・ド・パリの偉大なる画家~(鹿児島展)

今から100年前、異邦人の芸術家集団がパリで活躍していた。彼らは『エコール・ド・パリ』と呼ばれ、彼らを象徴する存在にあったのがモイーズ・キスリング(1891-1953)だった。キスリングは、ポーランドの古都クラクフに、ユダヤ人の仕立屋の息子として生まれた。クラクフの美術学校で学んだ後、1910年パリに出て、ピカソやブラックらと交友し、やがてモディリアーニやパスキン、藤田嗣治らとも親交を結ぶ。若い画家たちの中でも最も寛大でカリスマ性のある芸術家として活躍し、「モンパルナスの貴公子(プリンス)」とも呼ばれた。第一次世界大戦下ではフランスの義勇軍として参戦し、負傷のため除隊したが、後年軍功によりフランスへの帰化が認められた。大戦後は着実に自己の様式を確立するとともに、主として女性や花をテーマに、華麗で透明感溢れる色彩で作品を描き、それらは優雅でありながらどこか哀愁が漂い、今の時代でも見る者たちを魅了し続けている。
本展では、国内外の名品を集め、肖像、花、風景、裸婦、静物など、キスリングの初期から晩年に渡って描いた様々な作品を紹介していく。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る