秋田県

ミュシャ展 -アール・ヌーヴォーの華-(秋田展)

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、19世紀末のヨーロッパに起こった芸術様式「アール・ヌーヴォー(新しい芸術)」の代表的作家で、2020年は生誕160年にあたる。彼が描いた、流れるような植物文様で飾られた女性像は「ミュシャ・スタイル」と呼ばれ、今なお多くの人々を魅了し続けている。
本展では、大女優サラ・ベルナールをモデルに描き、ミュシャが一夜にして時代の寵児となったきっかけの作品《ジスモンダ》をはじめ、この度全国初公開となる雑誌の表紙や、東北初公開となる《黄昏》の原寸大直筆デッサン、装飾資料集・装飾人物集のフルセット公開など、あわせて約450点を紹介。ミュシャの創作活動と世界観をじっくりと楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ(福岡展)

西洋絵画において自然や街の風景のみを描いた「風景画」は、印象派でひとつの頂点に達した。その素地を整えたのが、各地を旅したカミーユ・コローや、自然の姿に魅了されたバルビゾン派の画家たち、さらにクロード・モネを屋外制作へ導い

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る