東京都

おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~

公式サイト

東京の文化、すなわち江戸の文化への国内外からの関心が高まる中、江戸の文化を生き生きと描き今に伝え、高い評価を得ているのが「浮世絵」である。その世界に稀にみる奥深い美しさのみならず、豊かな江戸の風俗史として「日本の食」が度々描かれてきた。

「和食」が無形文化遺産へ登録され注目を集める昨今の流れも受け、「浮世絵」と「食」を掛け合わせたオリジナル展覧会を開催。本展では、描かれた食のシーンを追いながら、食を描いた浮世絵そのものの魅力と、現代のくらしにもつながる江戸の食文化を紐解くと同時に、実際に当時どのような料理法が存在したのかについても、再現料理の写真やレシピの解説を通じて紹介する。

開催概要

直前の記事

ヒロシマ

昭和32年7月、初めて広島へ行った土門拳は、原爆の被害を目の当たりにして以後、報道写真家の使命にかられ、憑かれたように広島に通いつめた。12年を経てなお原爆症と日々闘う人々、町は復興しつつあっても体や心に残る消えることの

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る