山形県

土門拳の絵と書

こどもの頃から絵と習字が得意であった土門拳。一度は画家を志したものの断念するが、生涯、絵に対する興味が失われることはなかった。昭和43年、脳出血で倒れ右半身不随となった後も、リハビリのために左手で絵筆をとり、スケッチブックを何冊も埋めるほどたくさんの花をスケッチした。土門は折に触れ筆を手にし、多くの書も残している。写真とは一味ちがった土門拳作品が楽しめる。

開催概要

直前の記事

特別展 「あるがままのアート −人知れず表現し続ける者たち−」

既存の美術や流行、教育などに左右されず、誰にも真似できない作品を創作し続けるアーティストたちの特別展を開催する。それらの作品は、美術の世界ではアール・ブリュット、アウトサイダー・アートなどと称されます。日本の場合、その担

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る