熊本県

クレヨン画家 加藤休ミ絵本原画展

夏休み恒例の絵本原画展。今年はクレヨンで美味しそうな食べものなど迫力いっぱいの作品を描いている加藤休ミさんの絵本原画を紹介する。
加藤さんは1976年、北海道釧路市生まれ。絵描きになることを目指して制作を続け、2010年に第11回ピンポイント絵本コンペ優秀賞を受賞している。クレヨンとパステルを用いた独特の画法と迫力あるタッチで、リアルな描写の食べ物やどこか懐かしくユーモアのある作品を多く生み出している。
本展では、バラエティに富んだ食卓の様子のあたたかい『きょうのごはん』、食の大切さを伝える『いのちのたべもの』、楽しく切ない『かんなじじおどり』、強い力士をめざして稽古に励む『りきしのほし』の絵本原画に加え、リアルな食べ物が食欲を誘う『クレヨンで描いたおいしい魚図鑑』の原画を展示する。
子どもの頃に誰もが手にしたクレヨン。その画材が持つ可能性や表現の豊かさも楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2 ひろがる美術館ヒストリー

美術作品を展示して展覧会を開催すること、作品を収集保存することは美術館の大きな役割である。そして、この二つの役割は深く関係し合っている。展覧会を機に作品を購入、または寄贈を受けて作品を収集することもあれば、まとまった作品

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る