東京都

The UKIYO-E 2020 ─ 日本三大浮世絵コレクション

公式サイト

浮世絵は、江戸時代の庶民たちに愛好された、日本を代表する芸術の一ジャンルである。その人気は海を渡り、印象派の画家をはじめとする欧米のアーティストたちに大きな影響を与え、ジャポニスム旋風を巻き起こしたことはよく知られている。また、葛飾北斎の「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」は、世界で最も有名な日本の絵として、多くの人々に愛されてきた。
本展覧会は、質、量ともに日本の三大浮世絵コレクションと言っても過言ではない太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団の名品をはじめて結集し、選りすぐった約450点の浮世絵版画を展示する。浮世絵版画の名品は海外に流出したと言われることもあるが、実は日本国内に世界最高水準の浮世絵コレクションが存在する。浮世絵の初期から幕末まで、代表的な浮世絵師たちによる名品の数々が楽しめる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る