静岡県

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術(静岡展)

いわば「線の魔術」の生み出す繊細で華麗な作品でアール・ヌーヴォーの時代を彩った芸術家、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。そのスタイルは「ミュシャ様式」と呼ばれ、後世のアーティストに今なお影響を与え続けている。ミュシャ財団監修により企画された本展は、ポスターなどミュシャの華やかなグラフィック作品はもとより、財団秘蔵の幼少期の作品、最初期のデザインやイラスト、収集していた書籍や工芸品などを通じ、この芸術家が生涯を通じて放った多彩な魅力に迫る。さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治の文芸誌挿絵、1960-70年代のイギリス・アメリカで隆盛をみたグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品なども加え、およそ250点により今日まで受け継がれるミュシャ様式の流れを紹介。時代を超えて愛される芸術家の秘密を斬新な視点でひも解く、これまでにないミュシャ展となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る