東京都

開館15周年記念特別展「三井家が伝えた名品・優品」

三井記念美術館が、三井本館7階に開館したのは、平成17年(2005)10月8日。開館以来5年ごとに節目の特別展を開催してきたが、15周年を記念するこの特別展では「三井家が伝えた名品・優品」と題して、館蔵品の中から国宝・重要文化財を始め、周知の名品と、それらに匹敵する優品を展示する。今回は第1部に東洋の古美術、第2部に日本の古美術という2部構成での展覧会とした。
当初、2020年の東京オリンピック開催に合わせての特別展ということで、「おもてなし」の気持ちを込めての企画だったが、オリンピックが新型コロナウイルス禍で延期されることに。しかし、展覧会は15周年記念特別展としてそのままの構成で開催する。館蔵品を東洋美術と日本美術に分けて展示することは、今回が初めてのことで、三井家伝来の館蔵品の特質を、東洋と日本という大局的な視点で改めて鑑賞することができる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る