東京都

開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―(東京展)

1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより開校した造形学校「バウハウス」が、昨年その誕生から100年目を迎えた。ナチスの弾圧を受け1933年に閉鎖されるまで、わずか14年という短い活動期間だったが、実験精神に満ち溢れたこの学校は、造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼしている。
バウハウスでは、ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなど時代を代表する芸術家たちが教師として指導にあたって、優れたデザイナーや建築家が育ち、画期的なデザインが生まれた。とりわけ、入学した学生が最初に受ける基礎教育で教師たちが試みた授業はユニークなものであった。
本展では、バウハウスの基礎教育を中心に各教師の授業内容を紹介するとともに、その一端を体験できる。さらに、そこから発展した様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台など)での成果や資料など約300点を展示。
さらに、日本からバウハウスに留学した水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝の4名による作品と資料を一堂に集めて紹介する初めての機会となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る