愛知県

マイセン動物園展(愛知展)

ヨーロッパ初の硬質磁器製造に成功し、1710年に王立磁器製作所設立を布告したドイツのマイセン磁器製作所は、現在も西洋磁器のトップブランドとして高い評価を受けている。本展では、最高級の芸術性と品質を誇るマイセンの作品群から、動物に関連する作品を紹介する。
動物をモティーフとした美術作品は、時代や地域を問わず様々な目的で制作されてきた。マイセンにおいても、多種多様な動物をテーマとした作品が各時代の様式を取り入れながら生み出されてきた。特に19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパの美術工芸界で流行したアール・ヌーヴォー様式はマイセンにも影響を与え、同時期の動物作品は、釉薬のなかに絵具を染み込ませるイングレイズ技法の導入により、繊細な模様から様々な表情まで、動物のしなやかさを表現することに成功し、本物と見紛うリアルさと愛らしさを見事に両立させている。
本展は、このようなアール・ヌーヴォー期の作品を中心に構成。マイセンの魅力、とりわけ造形技術の高さを改めて知る機会となるだろう。マイセンファンはもちろん、動物好きの方や親子で楽しめる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る