福岡県

白馬のゆくえ 小林萬吾と日本洋画50年(福岡展)

香川県三豊市詫間町出身の洋画家・小林萬吾(1868−1947)。日本洋画の黎明期に油絵を学んだ彼は、黒田清輝のもと白馬会や官展で作品を発表し、東京美術学校で教鞭をとった。ヨーロッパ留学を経て、自らの様式を模索しながら後進を育成した彼の歩みは、まさに、明治から大正、そして昭和戦後にいたる日本洋画の歴史と重なる。その50年に及ぶ画業を、萬吾が巡り会い、ともに日本洋画の歴史に名を刻んできた個性豊かな洋画家たちの名作の数々とともに展覧する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る