京都府

生誕130年 河井寬次郎展 ―山本爲三郎コレクションより

河井寬次郎(1890–1966)の生誕130年を記念する展覧会。1920年、京都の五条坂に窯を求めて「鐘渓窯」と命名し、以来、河井は同地を拠点に活躍した。中国や朝鮮の古作にならった精妙な作品を発表した初期を経て、柳宗悦(1889–1961)らと民藝運動を創始し、生活に根ざしたうつわを追求するようになる。戦後は、既存の概念にとらわれない自由な作風に転じていった。没後半世紀以上が経過する現在もなお、河井の手がけた多彩な作品は私たちを魅了しつづけている。
民藝運動の支援者であったアサヒビール初代社長山本爲三郎(1893-1966)は、生涯にわたり河井と親交をもった。本展では、山本家から同館に寄贈され、開館以来、同館所蔵品の軸である山本爲三郎コレクションを中心に、初期から晩年まで、河井寬次郎の貴重な作品約110点を一挙に公開する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る