静岡県

開館45周年記念「縄文 祈りの造形 小川忠博写真展」

小川忠博は1942年東京都生まれ。早稲田大学卒業。
カメラマンとして週刊誌・月刊誌の取材のかたわら、各種スリットカメラなどを開発し、美術・考古分野に新しい視点を提供してきた。
縄文美術の撮影は40年余りにおよび、全国延べ1000か所以上で続けている。2010年文化庁長官表彰。
本展は、縄文人の生活を知る手がかりとなる出土品を学術・標本写真と違った視点で紹介。縄文土器、土偶などの多様な造形、文様を表現する約150点の作品を一堂に展示する。小川忠博による「縄文・祈りの造形」を楽しんでほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る