群馬県

FLOWER展

遙か昔より花は私たちの生活と深く結びついてきた。人々は生命や豊穣の象徴として花を愛し、神や死者への祈りの儀式や宮殿での祝宴を花で彩り、その姿を絵画や彫刻で形に残してきた。今もなお日常生活の悲喜さまざまな場面で花は私たちのそばにある。花が花として開花していることはまさに自然そのものの力であり、その力強さとともに美しさと儚さをもった姿は、いつの時代もアーティストたちのインスピレーションの源でもあった。
本展覧会では現代のさまざまなアーティストが描き、象った花を「生命の花」「暗示する花」「女神の花」「増殖する花」などのテーマで紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る