栃木県

エッシャーが、命懸けで守った男。 メスキータ(栃木展)

メスキータの日本初回顧展を開催する。サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868~1944)は、19世紀末から20世紀初頭のオランダで活躍した画家、版画家、デザイナーである。大胆に単純化された白と黒の画面を特徴とし、見る者に強い印象を残す。知的に構成された木版画をつくる一方で、メスキータは幻想性に満ちたドローイングを描き続けた。その表現はシュルレアリスムにおけるオートマティスム(自動記述)の先駆けともいわれる。
ユダヤ人だったメスキータは1944年1月31日の夜に家族とともに家から連れ去られ、ほどなくしてアウシュヴィッツ強制収容所で生涯を閉じた。メスキータの教え子のなかに、だまし絵や数学的なパターンの版画で名高いM.C.エッシャーがいる。メスキータが連行されたことを知ったエッシャーは、敬愛する師の作品200点ほどをアトリエからひそかに持ち帰り、戦争中も守り抜いた。ほかにもメスキータの息子の友人らが作品の継承に務めた。メスキータの名前と作品が今日まで残ったのは、そうした人々の努力があったからである。
この展覧会は、メスキータの日本における初めての回顧展。悲劇にも負けずに残された作品の魅力に触れる絶好の機会となるだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る