東京都

古代ガラスと鉄斎・鉄石

最初のガラス器はサンドコア(粘土製の芯)に溶かしたガラスを巻きつけて作る、コアガラスと呼ばれるもの。
コアガラス、ローマ時代の吹きガラス、ササン朝ペルシャ時代のカットグラスなど10点のガラス容器を展示。
富岡鉄斎と藤本鉄石の絵画作品をそれぞれ2点ずつ展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る