東京都

練馬区立美術館開館35周年記念 Re construction 再構築

練馬区立美術館は2020年に開館35年目を迎える。
これを記念し、現代の作家とともに同館の所蔵作品を再解釈し、新たな視点を提案する展覧会を開催する。参加作家は、青山悟、大小島真木、冨井大裕、流麻二果の4名。各作家へ同館所蔵作品を再構築した作品制作を依頼。プレ展示(2階展示室のみ使用)においてその制作過程や思考・テーマを紹介し、新作旧作合わせて本展示にて公開する。
所蔵作品を「歴史」の面から紹介する章に始まり、画材の選択や個々人の視覚・色覚に左右される「色」のセクションを流、イメージを投影する「メディア」について青山、展示室という「空間」について冨井、そしてそれらを受け取る「身体」を大小島が担当し、これらを辿りながら美術館における鑑賞全体の再構築へとつなげていく。各作家が基点とする所蔵作品は、松岡映丘《さつきまつ浜村》、池上秀畝《桜花雙鳩・秋草群鶉図》、小野木学の油彩画や郭徳俊の「大統領シリーズ」など。35年間の練馬区立美術館の蓄積を経て、36年目の新しい扉を開く。
【プレ展示】2020年7月8日(水)~8月2日(日) ※2階展示室のみ
【本展示】 2020年8月9日(日)~9月27日(日)

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る