奈良県

館蔵品展「万葉コレクション展 -見る・知る 絵画の様々な表現技法-」

万葉文化館は154人の日本画家が描いた「万葉日本画」を収蔵品の核として平成13年9月にスタートした。その後、多くの作品をご寄贈いただき、現在では収蔵作品は700点以上となっている。こうした収蔵品の中心は、当初の収蔵品の方向性を引き継いで収集された「日本画」と言われるものだが、コレクションの拡張に伴いフレスコ画や油彩画など西洋の技法を使用した作品や現代美術的な作品なども収められてきた。現在の万葉文化館コレクションは、表現的な多様性を持つコレクションと言えるだろう。
本展は、そうした万葉文化館に収蔵された絵画作品の「表現技法」に注目した展覧会。「いかに描くか」は「何を描くか」と同様に、製作者にとって大きなテーマであり、また制作者の意図が現れる部分でもある。様々な発想で描かれた絵画作品を鑑賞することで、制作者たちの工夫や絵画表現の奥深さを感じていただければ幸いである。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る