大阪府

浮世絵師 歌川派列伝―国貞・広重・国芳―

江戸時代の浮世絵界で最大流派となった歌川派は、江戸だけでなく上方の地でも活躍した。本展覧会は、歌川派の祖である歌川豊春から初代豊国、広重の師である豊広の浮世絵をはじめとし、歌川派三羽烏と称された歌川国貞(三代歌川豊国)、歌川広重、歌川国芳がそれぞれ得意とした美人画、風景画、武者絵などを中心に展示する。幕末から明治時代にかけて歌川国芳の下での修行を経て浮世絵師となった落合芳幾や月岡芳年の作品や、上方の地で活躍した歌川広貞、歌川芳梅などの地域縁の浮世絵師たちの作品もあわせて展示する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る