広島県

佐川美術館コレクション 生誕90年 平山郁夫が描く 世界遺産展

日本画壇を代表する画家、平山郁夫(1930-2009)。2020年は平山の生誕90年の節目にあたる。
平山の画業は、被爆体験による原爆の後遺症と戦いながら、仏教伝来やシルクロードを生涯のテーマとして平和を希求する創作活動にあったといえるだろう。また、平山は、世界各地の貴重な文化財が、自然破壊だけでなく、戦争や盗掘といった人為的な破壊によって失われつつある状況を目の当たりにして、国や民族、宗教を超えた国際的な協力のもとで保護できないかと模索した。それはやがて「文化財赤十字構想」として結実し、人類共通の遺産ともいうべき文化財を守るということで、国際的な平和貢献活動を実現していった。
平山の提唱した文化財赤十字構想は、アジアを中心に、カンボジアのアンコール遺跡群をはじめ、南京城壁の保存・修復活動、さらには高句麗古墳群やタリバンによって破壊されたバーミヤン石窟の世界遺産登録への働きかけなど、世界的にも高い評価を得ている。
本展は、佐川美術館の優れたコレクションより、平山が世界文化遺産を視察や調査で訪れた際に描いた膨大な作品のうち、「アンコール遺跡」「南京城壁」「比叡山延暦寺」「世界遺産を巡る」の4章から75点を展観し、平山郁夫の画業を紹介する。

開催概要

直前の記事

絵画のミカタ 5人のアーティストとみる群馬県立近代美術館のコレクション

本展では、いつもとは少し違った視点から同館収蔵の絵画作品を紹介するため、現代作家5人の作品と、彼らが同館収蔵作品から選び出した作品を、併せて展示する。 5人は同じ絵画という表現分野において制作活動を続ける作家だが、彼らが

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る