福岡県

大宰府史跡指定100年記念 特集展示「筑紫の神と仏」

九州国立博物館開館15周年・大宰府史跡指定100年を記念し、特集展示「筑紫の神と仏」を開催する。本展は九州国立博物館が平成17年(2005)の開館以来実施してきた、大宰府学研究事業の成果をひろく発信するものである。
大宰府は「遠の朝廷」として九州全域を統括するとともに、対外交流の窓口として地方最大の都市機構を備えていた。都市では唐・新羅へと渡る遣唐使や遣新羅使、海外から渡航してきた使節団や商人等、多くの人々が行き交い、「天下之一都会」と称される繁栄を謳歌した。その一方で、大宰府は「藤原広嗣の乱」をはじめとする政争の舞台にもなり、国外から伝染してきた「天然痘」等の病魔も猛威をふるった。繁栄の陰で、深刻な社会不安も人々の傍らに常に控えていたのだ。これらの不安に対し、古代の人々は神や仏に祈りを捧げ、平穏な暮らしを願った。
大宰府史跡をはじめとする遺跡の発掘調査では、古代の人々が祈りを捧げた痕跡が頻繁に見つかる。神を象徴する巨岩に捧げられた宝物、多様な表情の顔が描かれた人面墨書土器、脚を打ち欠いて川に流した土馬等はその代表格だ。
本展では、発掘調査出土品や寺社に伝わる貴重な文化財を基に、古墳時代より続く神祇祭祀や、新たに国家宗教となった仏教等の多元的な信仰の実態に迫る。
※当初の予定と展示期間が異なる作品あり(詳細は公式サイトへ)

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る