東京都

作品のない展示室

私たちは、これまでに経験したことのない大厄災の時を迎えている。
社会の隅々まで影響がおよぶなかで、世界中の美術館が、美術館本来の在り方を問い、展覧会等々の事業を見つめなおしている。予定していた展覧会も準備に支障が生じ、海外から作品を借用することがむずかしくなり、まったく将来の見通しが立てにくい状態である。
そのような現状を考慮して、このたび「作品のない展示室」を、虚心に開催することにした。
世田谷美術館は、四季折々にさまざまな表情をみせる都立砧公園のなかに位置している。砧公園は、春には桜が咲きほこり、夏は大きな木陰が涼風をまねき、秋は多彩な木々の紅葉を楽しめ、冬には時に素晴らしい雪景色につつまれることもある。
1986年に開館した世田谷美術館は、建築家・内井昭蔵(1933- 2002)によって設計された。そして、内井昭蔵は次の3つのことを、美術館設計の上でのコンセプトとした。
「生活空間としての美術館」、「オープンシステムとしての美術館」、「公園美術館としての美術館」。
こうしたコンセプトに基づき設計された世田谷美術館には多くの窓があり、また来館者を迎えるのも正面玄関だけではない。周囲の環境と一体化しようとする、とても開放的な建物になっている。美術館は単に収集し、保存し、展示するだけではなく、音楽、演劇といったパフォーマンスなど、さまざまなジャンルの総合化の機能も重要視される施設である。
実際に世田谷美術館では、開館以来、音楽会やダンス公演をはじめ、さまざまなプログラムを開催し、このたびの「作品のない展示室」でも、ギャラリーに「建築と自然とパフォーマンス」と題したコーナーを設け、これまでの活動の一端を紹介する。
窓を通して砧公園の緑ゆたかな風景を眺め、可能ならば、自らの心のなかに、これまで見てこられた数々の展覧会の一齣でも想い浮かべてもらえるような機会としたい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る