鳥取県

輝いていた60’s ―1960年代のスポーツと生活文化―

昭和39年(1964)、アジア初の開催となった東京オリンピックは、この時代を象徴する国民行事であった。昭和30年代後半から40年代に高度成長期を迎えた日本の経済は、それまでの生活様式を一変させた。伝統的なものづくりから工場で大量生産となり、日本の住宅事情、夢のマイカー時代、お茶の間へのテレビの浸透など生活様式や社会状況は変容した。56年経った現在の日本の発展もこの時代から始まったといっても良いだろう。
本展では、日本と鳥取県の1960年代の出来事、当時の生活資料を紹介する。そして、日本有数の昭和家電コレクターである冨永潤さん(三重県伊賀市・昭和ハウス館長)のコレクションを展示し、「60年代」を知る世代には懐かしく、知らない世代にはわくわくする、ひと昔前の豊かな時代「昭和」を体感できる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る