山口県

小原古邨と明治の花鳥画

四季を彩る草花や樹木と愛らしい小鳥や小動物、身近な昆虫などを取り合わせて描く絵画を花鳥画という。小原古邨(1877~1945)は、日本画家の鈴木華邨に師事し、明治時代後半から花鳥画の版画を数多く手がけた。当初からその作品は欧米で高く評価されたが、国内では古邨の作品を目にする機会もさほど多くなかった。近年ようやく再評価が行われ、にわかに国内の美術愛好家の注目を集めている。
日本人らしい繊細な感受性によって、身近な自然を詩情豊かに表現する古邨の花鳥版画。そこには江戸時代の浮世絵版画から継承する高度な木版技法が駆使されている。文明開化によって衰退の一途をたどる木版画の活路を欧米へとひらき、伝統的な技術を大正期に始まる新版画に伝えた木版画家として、古邨の存在は意義深いものだ。
本展では、明治期に活躍した浮世絵師や日本画家による花鳥版画、そして古邨の師である鈴木華邨、花鳥画の大家渡辺省亭などの日本画家による花鳥画をあわせて展示し、古邨とその時代の花鳥画の魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る