静岡県

上原コレクション名品選3

上原美術館コレクションの中から新収蔵となったものを中心に紹介する。仏教館では平安時代に造られた二天像を初公開。仏法を守護するみほとけの静かで力強い表現がみどころ。近代館は雄大な美しい桜島を描いた梅原龍三郎≪朝暉≫を中心に、画家たちが描く大地を紹介する。

開催概要

直前の記事

日本の仏像

土門と仏像の初めての出会いは、奈良の室生寺だった。その一度の室生寺行によって土門は一大決心し、「日本中の仏像という仏像を撮れば、日本の歴史も、文化も、そして日本人をも理解できる」と考え、その後40年以上にもわたる長い仏像

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る