山形県

こどもたち

こどもは社会を映す鏡。写真家・土門拳はこどもたちの笑顔や涙、そしてけなげに、たくましく生きる日常の姿を多く撮影した。決して豊かではなかったけれど、路地裏や道端に集まって遊び、貧しくても元気いっぱいなこどもたちが町にあふれていた時代。思わず当時が懐かしくなってしまう作品たちである。

開催概要

  • 会期

    2020.05.112020.07.12
  • 会場

    土門拳記念館
    http://www.domonken-kinenkan.jp/
    酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
  • 観覧料金

    当日一般700円

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    無休

    ※新型コロナウイルス感染症への対策のため変更の場合あり
    ※来場にあたっては公式サイトを確認の上、来場ください

  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

日本の美

昭和40(1965)年か昭和56(1981)年にかけて、伊藤ハムの広報「躍進」に土門の写真と文章が掲載された。誌面では土門が写しとめた四季の風景、古寺のたたずまい、そして工芸品など多くの作品を取り上げており、土門はそのす

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る