山形県

日本の仏像

土門と仏像の初めての出会いは、奈良の室生寺だった。その一度の室生寺行によって土門は一大決心し、「日本中の仏像という仏像を撮れば、日本の歴史も、文化も、そして日本人をも理解できる」と考え、その後40年以上にもわたる長い仏像撮影の旅が始まる。個性豊かな仏像の表情や細部にまでレンズを向けて撮影された作品は、平成3(1991)年、『日本の仏像』として一冊の写真集に結実した。

開催概要

  • 会期

    2020.05.112020.08.24
  • 会場

    土門拳記念館
    http://www.domonken-kinenkan.jp/
    酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)
  • 観覧料金

    当日一般700円

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    7月13日(月)

    ※新型コロナウイルス感染症への対策のため変更の場合あり
    ※来場にあたっては公式サイトを確認の上、来場ください

  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

麗しき青磁・鮮やかなる青花

朝鮮半島の「やきもの」は、中国と日本の陶磁と密接に関係しながら特別な器物として発展してきた。高麗時代(918-1392)の青磁や朝鮮時代(1392-1910)の白磁はその時代の社会や宗教観を反映している。朝鮮半島の代表的

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る