山形県

収蔵品展Ⅰ 生誕110年 斎藤長三展

斎藤長三は、1910年(明治43年)に酒田市漆曽根に生まれ、北平田小学校、旧制酒田中学校と進み、1929年(昭和4年)に東京高等工芸学校工芸図案科に入学した。在学中から1930年協会展や独立美術協会に入選。卒業後、独立美術研究所にて里見勝蔵や福沢一郎から油彩画を学んだ。独立美術協会展ではD賞や岡田賞を受賞、以後も同会を中心に活動した。
斎藤は山村や村落の風景画という印象が強いが、福沢一郎からも強い刺激を受けシュ-ルレアリスム的な作品を描いた時期もある。
また、海老原喜之助の作品の新しい魅力に惹かれ、1940年頃から海老原が傾倒したブリュ-ゲルの影響を受けた農村などの風景画を描き始める。1960年代は抽象表現主義の影響を受け、作品も具象から抽象へと移っていく。そして、70年代半ばから風景画に独自の表現を確立し、本格的に村落を描く時代となっていく。
1994年(平成6年)に83歳で亡くなられた後、ご遺族から酒田市へ寄贈していただいた作品は同美術館の主要コレクションの一つとなっている。斎藤の生誕110年にあたり、初期作品から晩年までの作品を網羅し、斎藤の画業を改めて紹介する。

開催概要

直前の記事

北海道・鉄道開業140年 Part1 急行「ニセコ」1971年冬~蒸気機関車C62栄光の記録~荒川好夫写真展 Part2 ロマンチック北海道への旅~栗谷川健一ポスター展

北海道の鉄道開業140年の記念展。鉄道写真家荒川好夫(1946生)が1971年冬にとらえた、C62重連がけん引する急行「ニセコ」と人々の写真、グラフィック・デザイナー栗谷川健一(1911~1999)によるロマンと詩情あふ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る