栃木県

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美(栃木展)

1920年代から1930年代にかけて、「アール・デコ」と呼ばれるデザインの様式が世界を席巻した。アール・デコとは、フランス語の「アール・デコラティフ」、すなわち「装飾美術」から派生した呼び名で、より正確には、1925年にパリで行われ、しばしば「アール・デコ博」と称される「現代装飾美術・産業工芸国際博覧会」(Exposition internationale des Arts décoratifs et industriels modernes)のタイトルが元になっている。アール・デコ様式は、日本の建築、美術工芸品、デザインのさまざまな領域に影響を及ぼし、大正末期・昭和戦前には、わが国に独自の展開も見られた。
本展は、このアール・デコを特徴づけるスタイル、時代精神を表すガラス作品で知られるルネ・ラリック(1860~1945年)の仕事を展観するもの。展示作品は、北澤美術館(長野県諏訪市)のコレクション約200点を中心に、日本とラリックのつながりを示す貴重な資料も公開される。
一般的にラリックと言えば、アール・デコとともに、20年ほど先行する時代のジュエリーでも著名な作家。今回の場合、ガラス工芸初期の1910年代から1930年代に至る作品群を通じて、工業化社会、新しい都市文明に合致したガラス製品が、どのようにして人々の生活や好み、ものつくりのあり方とともに変わったのか、ひいてはラリックが生きた世紀のキーワードである「近代:モダン」とは何かについて、調度品、食器セット、香水瓶、照明器具、カーマスコット(自動車装飾)など、幅広い作品によって分かりやすく紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る