大阪府

【2020年春季展は中止】和歌と墨跡 詩歌に詠まれた和漢の心

正木コレクションの優品である「蓮図(はすず)」(重要文化財)は、足利将軍に同朋衆(どうぼうしゅう)として仕えた能阿弥(1397~1471)による水墨画。能阿弥は足利将軍家が所蔵する中国渡来の絵画・工芸品の管理を任されており、和歌や連歌にも長じていたトップクラスの文化人だった。それまでの水墨画に付されるのがもっぱら漢詩であったのに対し、能阿弥は本作に和歌を詠み込んでいる。和と漢の文化のどちらにも通じていたからこその、巧みな取り合わせといえるだろう。
古来より和歌を詠むことは教養の一つとして重視されており、日本では優れた歌人のことを歌仙と称して崇敬の対象にしてきた。平安時代後期頃、歌仙の姿に代表的な歌を付す歌仙絵が登場し、鎌倉時代には似絵(にせえ)と呼ばれる肖像画の流行ともあわさって多く制作された。藤原公任(ふじわらのきんとう)(966~1041)による『三十六人撰』にもとづいた、歌聖柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)をはじめとする三十六歌仙絵は特によく知られ、多様な作品が伝わっている。
本展ではこれらの作品に加え、過ぎ行く春を愛惜する詩を詠んだ「滅翁文礼墨蹟(めっとうも れいぼくせき)」(重要文化財)や、美しい歌で彩られる『源氏物語』を主題とした作品などを併せて展示する。正木コレクションの和歌と墨蹟の作品を中心に、詩歌に詠まれた和漢の世界を楽しんでほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2020.04.042020.07.05
  • 会場

    正木美術館
    http://masaki-art-museum.jp/
    泉北郡忠岡町忠岡中2-9-26
  • 観覧料金

    当日一般700円

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日、5月7日(木)、5月19日(火)、5月20日(水)

    ※新型コロナウイルス感染症の拡⼤防⽌のため、臨時休館の場合あり

  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る