東京都

【現在休館中】繊細な色味を味わう 春の南桂子展 あの木の向こうがわ

線は、物語を綴る。そこに、心に眠るいくつかの気持ちに誘い出されて、柔らかな色が集まる。そうして生まれた絵の中の小さな鳥や魚はやさしさに包まれながら、私たちの知らない向こうがわを眺めている。
銅版画家・南桂子(1911-2004)は富山県に生まれ、高等女学校時代からや詩作に試み、のちに20世紀を代表する銅版画家となる浜口陽三との出会いをきっかけに、1953年に渡仏、銅版画家の世界で作品を作り続けた。制作拠点はパリやサンフランシスコだったが、南作品は、本の表紙やユニセフのカードを通して、いつも身近なところにあった。近年では高校の教科書の表紙に使われるなど、今なお作品の新しい魅力は発掘され続け、世界中の人々に親しまれている。
本展では、春をテーマに構成した作品約60点を、繊細な線と色から語られるもの、静けさそのものを大切に展示。浜口陽三の作品10点も併せて紹介する。春の輝きのなかで展示される作品の数々を堪能できる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る