東京都

第 58 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展「Cosmo- Eggs| 宇宙の卵」

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(2019年開催、国際交流基金主催)の帰国展を開催。ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展は、イタリア、ヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展。1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持っている。ヴェネチア・ビエンナーレの日本館は、石橋財団の創設者である石橋正二郎が建設寄贈、1956年に開館した。そのような歴史的つながりから、このたび同館で帰国展を開催することとなった。「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之を中心に、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成された。本展は、ヴェネチアでの展示をもとに、アーティゾン美術館の展示室にあわせて再構成するもの。映像・音楽・言葉・空間の4つの要素が共存するインスタレーションに、ドキュメントやアーカイブなどの新たな要素を加え紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る