兵庫県

【開幕日未定】コートールド美術館展 魅惑の印象派(兵庫展)

公式サイト

ロンドンのコートールド美術館は、イギリスが世界に誇る印象派およびポスト印象派の殿堂。マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワールが第1回印象派展に出品した記念碑的作品《桟敷席》、セザンヌ《カード遊びをする人々》など、巨匠たちの作品がずらりと並ぶ。これらが貸し出しされることは滅多にないが、このたび美術館の改修工事のために多くの名作が来日することになった。美術館の創設者サミュエル・コートールド(1876-1947)はイギリスの実業家で、卓越した審美眼を持つコレクターでもあった。
フランス近代絵画の魅力を母国に伝えるため、コートールドは1920年代に、精力的な収集を行う。1932年、ロンドン大学に美術研究所が創設されることが決まると、コレクションを寄贈。研究所はコートールド美術研究所と名付けられ、その展示施設としてコートールド美術館が誕生した。
本展ではコートールド美術館が研究機関であるという側面にも注目し、美術史研究や科学的調査の成果を取り入れながら、作品を読み解く展示を行う。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る