群馬県

廣瀬智央 地球はレモンのように青い

イタリア・ミラノを拠点に活動する美術作家、廣瀬智央(1963年~)は、豆やパスタをはじめ誰もがよく知る日常の素材を用い、豊かさと貧しさ、人工と自然、ミクロとマクロなど相反する要素が共存する詩的な表現で知られる。
アーツ前橋では、屋上看板を用いた作品≪空のプロジェクト:遠い空、近い空≫(2013年)をきっかけに、2016年から19年間継続する母子生活支援施設の母子たちとの壮大なプロジェクトが進行する。
アーツ前橋で20年ぶりの個展となる今回は、イタリア移住後の初期作品から近作、新作までを展観する。代表作のひとつ≪レモンプロジェクト03≫(1997年/2020年)は、3万個以上のレモンが床を埋め尽くすが、使用したレモンを紙などに再生し、物質の循環にも目を向ける新たな試みを加える。
異なる異文化圏を横断する廣瀬の創作活動を通して、複雑で矛盾を抱えるこの世界と向き合う彼の姿勢に触れる機会となるだろう。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る