岡山県

児島虎次郎 -もうひとつの眼

高梁市成羽美術館が顕彰する洋画家 児島虎次郎が撮影した写真展を開催。
虎次郎は20世紀初頭、絵画修行のためヨーロッパに留学する。約5年間フランスやベルギーを中心に滞在、その後も2度にわたり渡欧しヨーロッパ各地からエジプトまで足を延ばしている。虎次郎はその間、各地の風物や交流のあった人々を写真に収めており、それは今日まで遺族によって保管されてきた。これらの写真は、約100年の歳月を経て今では大変貴重な資料となっている。
本展覧会では、写真約100点に加えて虎次郎が送った絵はがきや関連のある絵画作品などを一堂に展示し、画家 児島虎次郎のもうひとつの眼-カメラを通したまなざしを顕彰する。

開催概要

直前の記事

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子「鴻池朋子 ちゅうがえり」

「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演。シリーズ第一回に鴻池朋子を迎える。 鴻池は、人間を変容を繰り返す一つの生物と捉え、近代がつくりだした美術館や博物館という「型」や「分類」を丁寧に再考し、現在

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る