広島県

生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画

「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる日本画家・川端龍子。従来の日本画にはなかった、規格外の大作で人々を圧倒し、魅了した。本展では、50年以上にわたったその画業を回顧する。

開催概要

直前の記事

【開幕日未定】高畑勲展 ― 日本のアニメーションに遺したもの(岡山展)

初の長編演出(監督)となった「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年)で、悪魔と闘う人々の団結という困難な主題に挑戦した高畑は、その後つぎつぎにアニメーションにおける新しい表現を開拓していった。70年代には、「アルプス

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る