北海道

【開幕日未定】キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠(北海道展)

ポーランドのクラクフで生まれたキスリング(Kisling 1891-1953)は、美術学校を卒業後、19歳でパリに出る。モンマルトルやモンパルナスで、ピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治、ドラン等多くの芸術家と知り合う。彼らの影響を受けながらも独自のスタイルを発展させたキスリングは、丁寧な筆致による洗練されたレアリスムと静謐なムードに満ち、輝かしく官能的な色彩によって、エコール・ド・パリの重要な芸術家として位置付けられている。本展では1920〜30年代のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれ、時代の寵児となったキスリングの画業を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る