熊本県

【開幕日未定】モダンアート ニッポン! ウッドワン美術館名品展

今から150年以上も前、時代が幕末から明治へと移る中で、日本には西欧の絵画技法が一気に到来する。遠近法や陰影法、それに油彩画など、人や物があたかも目の前にあるかのような迫真的な絵画技法は、当時の日本人たちを驚嘆させ、その技法を学ぼうとする画家たちも増えていった。さらに彼らは、西欧の同時代絵画に追いつくべく、時に西欧に倣い、時に自らの伝統に即しながら、新たな絵画の創造を試みる。こうして、日本の絵画は近代化を果たしてゆくのだ。
本展は、広島県廿日市市にある公益財団法人ウッドワン美術館の所蔵品によって、日本の近代絵画をご紹介するもの。あの有名な岸田劉生による「麗子像」の一つ《毛糸肩掛せる麗子肖像》や、藤田嗣治による幻の大壁画《大地》をはじめ、青木繁や藤島武二、横山大観や菱田春草らによる名画たちが一堂に会する。さらには、ウッドワン美術館所蔵のゴッホ作品《農婦》、そしてルノワール《婦人習作》《花かごを持つ女》も特別出品される。この機会にぜひご来館いただきたい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る