京都府

【開幕日未定】日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター(京都展)

第二次世界大戦の終結以来、コミュニズムの道を歩むこととなったポーランドにあって、1950年代の中期から社会主義リアリズムを脱却し、新世代のアーティストによる自由な表現がもっとも推し進められたのが、映画とグラフィック・デザインという分野だった。なかでも映画ポスターにおいては、数多くの抜きん出たデザイナーたちが活躍し、映画から受けたインスピレーションを、隠喩に満ちた自在な表現へと実らせた。本展では、ともに「ポーランド派」と称されたこの二つの分野の出会いから生まれた、ポスターアートの数々を紹介する。
※ 期間中、一部展示替えあり
前期:3月17日~4月12日/後期:4月14日~5月10日

開催概要

直前の記事

【開幕日未定】チェコ・デザイン 100年の旅(京都展)

芸術家アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が生まれ、またフランス絵画から影響を受けたチェコ・キュビズムと呼ばれる独自の様式を生み出したチェコ。さらに、アニメやおもちゃに至るまで、20世紀のチェコは世界を魅了する数々のデザインを

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る