大阪府

わびとサビとはどう違う?

しばしば「わびさび」という言葉を耳にするが、実のところ「わび」と「さび」とは異なる美意識である。それでは「わび」と「さび」とはどう違うのだろうか。多様な解釈があるとは思うが、美術工芸品を例にとってこれを説明すると…
余白の多い簡略な筆遣いの絵。割れてヒビが入った茶碗。不完全な物。Incomplete。
けれども他の物に無い固有の姿に、かえって面白さが感じられる。それが「わび」。
燻し銀。煤けた古竹。時を経て色味や肌合いが変質した素材。無常。Impermanent。
けれども新品ピカピカの物には無い、落ち着いた味わいが感じられる。それが「さび」。
いずれも本来ネガティヴな評価であったものに対し、ポジティヴに楽しむ心を働かせている。そんな逆転の発想が共通することから「わびさび」として一緒に使われることになったのだろう。
本展では、上述の解釈にしたがって書画や工芸品を陳列し、「わび」「さび」をめぐる細やかな美意識の違いを示してみたいと思う。
※前後期で展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る