愛知県

大浮世絵展 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演(愛知展)

公式サイト

本展は明治まで続いた浮世絵の歴史の中でも、現在最も人気のある喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人にフォーカスし、国内のほか欧米の美術館、博物館、個人コレクション等から傑作だけを集めた。保存状況によって作品の状態に差が出る浮世絵だが、本展では、国際浮世絵学会の監修のもと、優品ばかりを集めている。浮世絵本来の鮮やかさに、来館者の方々も目を奪われることだろう。歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画と花鳥画、国芳は勇壮な武者絵と機知に富んだ戯画―と、絵師のエッセンスを凝縮した内容は、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」ものになっている。浮世絵師のビッグネームそれぞれの代表作が一堂に会する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る