東京都

インプリントまちだ展2020 すむひと⇔くるひと ―「アーティスト」がみた町田―

インプリントまちだ展は、東京オリンピック・パラリンピック大会に向けて2017年から同館で開催してきたシリーズ展である。その集大成となる本展では、「すむひと」=町田在住のアーティストの作品と市民による自主出版物、「くるひと」=同館が招いたアーティストたちの作品をあわせて展示。版画を中心とする印刷物から、町田の姿を示すことを試みる。
さらに、シリーズのフィナーレにふさわしいゲストとして、町田市がホストタウンを務めるインドネシアから新進気鋭のアーティスト、アグン・プラボウォを招へい。これまでの代表作を本邦初公開するとともに、町田の市街地に取材した新作を発表する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る